サイクルボール ふくいち 110km

ツール・ド・ニッポン事務局【PRO】さん

吾妻・安達太良連峰を走破!

吾妻連邦を縫うように走る山岳観光道路「磐梯吾妻スカイライン」を1周し、岳温泉へと抜ける、こだわりのヒルクライムルート。序盤は急こう配が続きますが、標高約1600メートルの浄土平付近まで登りきると荒々しい山肌が広がり、ヨーロッパの山岳ルートに匹敵する絶景を堪能できます。温泉やフルーツなどの魅力に触れながらゴールを目指す、地元サイクリストおすすめのコースです。

【コースに関する注意】
★コースの完走認定には「本ページ末尾」または「画面右下」の「START」ボタンを押して、本アプリ内で走行ログを取得する必要があります。
★「コースMAP」部分で紹介している外部サービス「RideWithGPS」「GoogleMap」を使っても、走行証明にはなりません。
★「GoogleMap」で紹介されるルートは、正規ルートとは異なります。チェックポイント間を最短で結ぶコースとして表示されますので、参考程度にご確認ください。

  • 47
  • 11
  • 200
  • ツール・ド・ニッポン事務局【PRO】さん
  • 2018-07-08
  • エリア福島市
  • 距離110.6km
  • 旬の季節 8, 9, 10, 11 月
  • 平均勾配上り:2.0% 下り:2.0%
  • 獲得標高2226m
  • コース形態1周

コース概要

コースストーリー

1

飯坂温泉観光協会

福島北部の趣ある温泉街

福島市飯坂温泉は、福島市の北部に位置し、山間部の豊かな自然と、町を縦断して流れる摺上川などの美しい景観に囲まれています。豊富な湯量の温泉に加えて名所・旧跡も楽しめます。

詳しく見る

9.2km

2

ふくしまスカイパーク

天空の飛行場

大自然と美しい山々に囲まれた「天空の飛行場」。たい場内にあるウイングカフェでは、吾妻連峰を眺めながら休憩することができる。

詳しく見る

16.7km

3

高湯温泉観光協会

白濁の温泉地

東北初の「源泉かけ流し宣言」をした高湯温泉の情報発信拠点。

詳しく見る

14.8km

4

浄土平ビジターセンター【★電波注意】

福島絶景の玄関口

模型やパネル写真等を通して、浄土平周辺の自然を紹介する施設。自然観察会やトレッキングなどの行事も随時行っている。

★チェックイン
レストハウスや駐車場周辺ではキャリアによっては電波が弱く、チェックインがしづらい状況になっております。ビジターセンター周辺は比較的電波が入りやすく、また館内には公衆wifiも用意されております。ご注意ください。
【ビジターセンター】https://goo.gl/maps/NqGHEEgCS2YvxdheA

詳しく見る

26.8km

5

道の駅つちゆ ロードパーク

ツーリングの休憩スポット

福島県で初めて作られた道の駅。ツーリング客の休憩スポットとしてにぎわう。

詳しく見る

4.2km

6

東北サファリパーク/エビスサーキット

福島のサファリパーク

マイカーやレンタルカーに乗り、野生に近い環境で生活する動物の様子を間近で見られる「放し飼いエリア」は迫力満点。また、場内にある「エビスサーキット」は、日本発祥のプロスポーツであるドリフト走行の聖地として有名。

詳しく見る

14.3km

7

SEKIYA COFFEE & GOOD TIMES

一風変わったコーヒースタンド

2010年創業の自家焙煎によるコーヒーショップ店。直火焙煎機を使い、浅煎りから深煎りまで常時10種類以上のコーヒーを提供している。

詳しく見る

3.4km

8

へたれガンダム

アマチュア作家の名作モニュメント

地元復興のためにアマチュアの鉄作家によって制作されたモニュメント。サイクリストの中で隠れた名所となっている。

詳しく見る

11.6km

9

萱場梨百年祭記念碑

福島名産の梨を象徴

福島県屈指の梨の名産地といわれる萱場地区(現在の福島市笹木野原)にある記念碑。みずみずしい果汁と柔らかい肉質が特徴のブランド梨として有名。

詳しく見る

5.7km

10

あづま果樹園

福島の美味しいが集まる

果樹農家が点在するフルーツラインの途中に立地する観光果樹園。ももやなし、ぶどう、りんごなど福島自慢の旬のくだもの狩りが体験できる。

詳しく見る

5.7km

11

飯坂温泉観光協会

福島北部の趣ある温泉街

福島市飯坂温泉は、福島市の北部に位置し、山間部の豊かな自然と、町を縦断して流れる摺上川などの美しい景観に囲まれています。豊富な湯量の温泉に加えて名所・旧跡も楽しめます。

詳しく見る

ログイン

  • さるてしさん

    11月の締め切り前に走行、完全にサバイバルでした。雨具と防寒具は必須です。

    浄土平までの道は斜度のキツいヒルクライムで、天気も良かったため汗びっしょり。
    高湯温泉協会の付近は売店や飲食店が想定より少なく、補給に苦労。

    森林限界のあたりから天候が荒れ、小雨で体が冷え、火山ガスと強風に耐えながら自転車を押し歩く危険な状態になる。

    浄土平では霧で何も見えず体も凍えている状態。他のサイクリストはDNFを決断する中、私は濃霧の中ダウンヒルを決意。

    前を走る車のライトを頼りにゆっくり下っていると、小雨は雹になりゴーグルにビシバシ当たる始末。

    霧が晴れてからは豪快なダウンヒルで道の駅つちゆまで一直線。サファリパーク、ヘタレガンダムなどチェックポイントをこなし、幹線道路でコンビニが見えてきてようやく安堵しました。

    頂上付近のコンディションが悪いとサイクリングではなくサバイバルになるので、気候の穏やかな時期に行くといいと思います。

    サイクルボールの他のコースと比べても、浄土平頂上付近の危険度が高いため、初心者にはオススメしません。その分、達成感はあります。

    飯坂温泉の宿が情緒あって良いところだったので、また来たいですね。

    2021.04.01

  • やっさん@SKCさん

    浄土平での爆風には死ぬ想いでした(笑)

    ライド後の飯坂温泉での入浴はサイコーでした。

    2020.11.16

  • もこたんさん

    前日までは数日前の雪で閉鎖されていた磐梯吾妻スカイライン、当日になって開通となり、ライド決定。

    天気予報も終日晴れの予報で、気温も暖かくなるとのこと。

    皆さんのコメントを見て、冬用のウェアや雨具、補給食などをバックパックに積めて、10:00に出発。

    高湯温泉までがやはりキツかった。その後の浄土平まではやや緩やかだったが、浄土平ビジターセンターの4、5km手前から、雨が降りだし、風がものすごく強くなり、慌てて雨具を着ました。

    幸い風向きが横ではなく、追い風と向かい風だったので、ハンドルが取られることは少なかったです。

    (他の方がコメントしている様に、横から煽られると、ハンドルが取られるので怖かったです)

    ビジターセンターを過ぎた少し先が、最高標高となり、道の駅土湯まで下って、お昼ごはんを食べました。

    その後は、基本フラットで、各チェックポイントを通り過ぎないように注意して、飯坂温泉観光協会に18:00頃にゴールしました。

    後半は車の交通量も多く、また日が暮れて薄暗くなってくるのでライト類やサングラス(クリアレンズ)は必須です。

    福島スカイパークでは、エアレース・パイロット室屋義秀さんのフライトを観ることができたり、野生の猿に遭遇したり、浄土平では虹を観ることができたりと、天候も含めて本当に幸運に恵まれました。

    また、私は1人で行ったのですが、サイクリングチームの方もいらっしゃって、道中で声を掛けてくださり、私にとって本当に心強かったです。

    そして、来年は練習して景色を楽しむ余裕を持って、紅葉の見頃の時期に行きたいなと思います。

    これから行かれる方は、準備万端にして楽しんで来てください。

    2020.11.12

  • kunuさん

    高度1500超えてからの風が怖すぎました。自転車に乗るのは無理で押して歩きましたが2、3度バイク浮きました。恐怖でした。でもとっても楽しかったです!!

    2020.11.03

  • かとりょさん

    登りエグイです‼︎ノーマルクランクで行ってしまい、後悔しました。根性で完走しましたが、素直にコンパクトで行くべきでした。

    2020.11.01

  • Toshinobu Ashidaさん

    レベル10の難関コース完走したぜ

    2020.10.30

  • Kenさん

    10月15日に走りました。寒さが心配でしたが、山頂は晴れていて景色も綺麗で、気温も10度近くあり心配していたほどは寒くありませんでした。
    下りは流石に冷えるので防寒が必要です。途中でバッテリーが充電できなくなりピンチでしたが、道の駅で充電できなんとか最後までたどり着きました。色々な想定をして、持ち物を準備するといいとおもいます。
    これからどんどん寒くなりますので、天気予報を十分にみて出かけてください。

    2020.10.30

  • shogo sekineさん

    寒かった。

    2020.10.27

  • Sig.さん

    期限が迫っているからと、これから滑り込みを狙う人は、しっかりした冬用装備と雨具を揃えていくことをオススメします。
    10/25にチャレンジし、1日通して晴れ予報、朝8時の麓の気温は14℃でしたが、真昼の山の上は雪まじりの雨で風も(突風で煽られる程度に)強く、体感で5℃以下でした。ヒルクライムで汗もかくので、真冬の東京より冷えます(頂上付近には雪も残っています)。山の天気は変わりやすいということもあり、最低でも雨具と防水グローブはマストです。

    コースとしては、10%以上が延々と続くヒルクライムで満足感あります。ダウンヒルも長くて楽しいです。気持ちよく降っていると、いつのまにかチェックポイントの「道の駅つちゆ」を通り過ぎてしまうので、注意です!

    2020.10.26

  • チャンDさん

    期間前の滑り込みで走行しましたが、死ぬほどきつかったです。

    この時期になると、浄土平では霙が降る位に寒いです。また、天候次第ですが強風に煽られビジターセンターまで皆自転車を引いて歩いてました。
    勿論、写真を撮る余裕はありません。


    登山指数を確認してからチャレンジすればよかったです。

    2020.10.25

  • たなかだいきさん

    初心者で、いけると言う人がいるが…絶対にキツい。やめた方がよい。死にます。

    2020.10.24

  • あつおさん

    初心者の私でもキツかったが登れました。
    ここで物足りなければ宮城県の御釜に向かうエコーラインを登れば達成感のある斜度に満足できると思います。
    都心の方でも新幹線一本で輪行出来ます。
    今の時期はどちらも標高が高いので冬の装備も必要です。

    2020.10.24

  • さん

    10/18(日)に走りました。以下気が付いたことを…
    (あくまでも私見ですので勘違いもあるかも?)

    1. JR福島駅を基点としましたが、約10kmなので問題無しでした。
    2. ふくしまスカイパークは08:30開門のため、脇をくぐり抜けました(自分は飯坂温泉06:30スタート)。
    3. ふくしまスカイパーク→高湯温泉の上りが最もキツく、10%以上が長く続きます。
    4. 高湯温泉→浄土平の上りの斜度はそこまでキツくはありません(が、疲れてくるのでやっぱりキツく感じます)。
    5. 最高地点は浄土平ビジターセンターから2km先です(ので、軽い上りが続きます)。
    6. 最高地点から35km下りが続くので、防寒対策は必須。自分は半袖アンダー、長袖シャツ、長タイツ、ジレ、レインジャケット、長指グローブで丁度良い感じでした。
    7. 「道の駅つちゆ」からの道順が分かりにくいので要注意です。
    8. 後半は小刻みなアップダウンが繰り返します。
    9. 最後10-15kmくらいはほぼフラットです。日曜正午頃通過しましたが交通量は余り気になりませんでした。
    10. 道中コンビニは無いので、道の駅での補給となります。自分は浄土平でどら焼き一個補給しただけでした。

    長くなりましたが、ご参考まで。

    なお、自分はハマイチ、カスイチ、フジイチを走りましたが、フクイチが一番キツくて、一番走り易く、一番景色を楽しめました。

    2020.10.18

  • 春木邦嗣さん

    走りごたえがあり景色も最高

    2020.10.18

  • げんぴさん

    挑戦した日は、風がとても強い日で向かい風になると辛い日でした。

    最初のスカイパークに登る坂と、高湯迄が少し辛く感じるかもしれません。チェーンリングはフロント34のコンパクトになっていた方が楽に登れそうです。特にこの日の風は、吹き下ろしの風で斜度が表示以上の坂となってしまいました。

    10月中旬に登りましたが、浄土平からの下りは寒くてガクガク震える感じで、冬用のジャケットが欲しい位でした。でも、登りの浄土平までの途中に、それはそれは綺麗な紅葉を観ることができました。

    2020.10.17

  • aquatimeさん

    紅葉の時期、走っていて楽しいルート。
    ヒルクライムはきつい勾配が長く続く事もなく、変化する景色が疲れを忘れさせる。

    2020.10.16

  • Daisuke Kutsuzawaさん

    いろいろ思うところがあるが、走って間も無くすぎて、コメントしづらい

    2020.10.06

  • toru44_mavicさん

    大変なヒルクライムでした❗️

    2020.10.04

  • 友哉さん

    疲れたー

    2020.10.04

  • さん

    1つ目のチェックを過ぎ、本格的な山登りの前にしっかりと水分と食料を用意して望めば、全体的に道も綺麗で広いため走りやすいです。
    ただ山登りとしての難易度は優しくないため、サイクリングデビューしたばかりの方は、例え上級者と一緒であっても1発目にここは避けた方が良いと思います。

    最後の10kmはかなり車通りも多く道も狭いため、気をつけて走りたいところ。

    2020.09.29

  • 淺野 智文さん

    やりがいは、すごくありました。
    ありがとうございました。
    浄土平から、下るだけと思いましたが、東北サファリから、へたれガンダムまで、アップダウンの多かったですねー

    2020.09.28

  • 望月夏季さん

    浄土平、素晴らしかったです✨

    2020.09.22

  • denzoさん

    メッチャキツかったよ

    2020.09.22

  • RYUICHI YAJIMAさん

    チェックインの応答範囲がピンポイント過ぎませんか?半径10m位にならないかなぁ。東北サファリでは10分ほど格闘しました。飯坂の駅前では交差点の真ん中をウロウロしました。

    2020.09.22

  • 佐々木一二三さん

    コースは良いが平均速度がおかしな表示となる

    2020.09.21

  • yasuhiko shiomiさん

    走りやすいコースでした。前半の登りがキツいですが、後半はやさし目でした。
    浄土平が最高の景色でした。パノラマとかで写真撮るのオススメです。

    2020.09.21

  • けにちさん

    走り易く景色も最高、楽しいライドでした!

    2020.09.21

  • tamazohさん

    9/19に走りました。
    浄土平まではHC級の登りですので、適当にチェックポイント以外でも中休みを入れて脚つりを防止しました。
    補給が出来ない区間が多いので今回はハイドレーション1L+ボトル0.5Lでのぞみましたが気温の低さもあってボトル分余りました。
    後下りは気温11℃ぐらいでしたので、ちょっと寒かったです。
    これからトライされる方は防寒が必要かも知れません。

    2020.09.19

  • 櫻井和宏さん

    9月16日高湯温泉手前約600メートルの位置で熊を見ました‼️注意して下さい。

    2020.09.16

  • にしはら たかひろさん

    おつかれい!

    2020.09.09

  • ヒロさん

    もっと涼しくなってからが良かった

    2020.08.29

  • 白浜和人さん

    コース自体はマニアックな道で最高でした

    2020.08.23

  • 27 rさん

    前半:〜浄土平 ヒルクライムに不慣れだとかなり辛い。高湯温泉からは補給ができなくなるので注意。
    中盤:〜サファリパーク 基本的に下り。木漏れ日で路面の状態が分かりにくいので注意。
    後半:〜飯坂温泉 平坦が多いが、きついアップダウンのある箇所もある。交通量が多い道路がある。


    2020.08.19

  • ほずみさん

    天候のタイミングが極めて重要です。雨の明けなどに走ると、濃霧が出るためダウンヒルがかなり危うくなるでしょう。
    景色は絶景で、まるで海外を走っているかのようです。

    2020.08.16

  • Naoyuki Takahashiさん

    天候によっては相当難易度が高くなる。
    山頂付近で雨風にみまわれ、ダウンヒルは霧と雨に視界を奪われ相当神経を使いました。
    達成感は半端無いですけど。
    浄土平の天候が悪く多くの人がレストしている場合、ネットの回線が少なく混雑するため、チェックインに相当時間がかかる。(自分はドコモではなかった為free wifiの設定とアプリの立ち上げで1時間弱かかりました。)
    ビジターセンターの方が確認してくれたのですが、最悪センターの画像が撮れていれば、完走証は発行してくれるらしい。

    2020.08.15

  • 蛯澤 隆幸さん

    使いにくすぎる

    2020.08.14

  • Tameさん

    とても楽しかったです

    2020.08.11

  • たかし さんさん

    私みたいな素人は高湯温泉までで心が折れそうになります(笑)フジイチも走りましたが、個人的にはフジイチよりコース的には大変だと思いました。フジイチと違い、各所にサイクルラックがあり停めやすい。浄土平は晴れれば景色は最高です!夏は明るくなった朝に出発されて気温上昇する前に登れるだけ登った方がよいです。その後はダウンヒルが長いので、ブレーキ周りはスタート前に確認を。

    2020.08.11

  • maimaiさん

    最高のコースでした!浄土平からの眺めもよく、更にコース選択が秀逸で、走りやすかったです。浄土平までの途中、標高1000mあたりで真っ黒くて体格の良い動物が道の真ん中にいるなと思ったら熊さんでした。車が来るのを待って、盾にしながら全力で突き抜けました。みなさんもお気をつけて。

    2020.08.11

  • yokoshigeさん

    真夏でも頂上付近は涼しい、その後のダウンヒルを考えると、8月後半からはジレ 、ウインドブレーカー は必須か。
    道の駅つちゆロードパークは、手前より、一度過ぎてからの方が左車線で入りやすい。
    萱場梨百年祭記念碑は道路の横の狭いスペースにあるので見逃し注意。
    あづま果樹園は、果物のサービスあり。旬の桃をもらいました。嬉しい。

    2020.08.10

  • イワさん

    高湯温泉観光協会、木曜定休日のようで、同日は給水出来ないので要注意です。

    2020.08.09

  • つち男is世界平和(CRのハニトラ)さん

    最高でした!
    前半の登り・後半のアップダウンを考え、少し初心者には厳しいコースですが、走り終えた際の達成感は大きいです。
    浄土平の登りは後半に補給地点がありませんので、多めに水を持つことをオススメします。
    スカイパークは8:30~17:00しか開門していませんが、チェックインは可能です。
    また、浄土平はドコモ以外のキャリアだとチェックポイント近くまで寄らないとチェックインできないとの事でした。
    SEKIYA coffeeさんは12:00~営業しています。
    また、あづま果樹園のももソフトが絶品でした。
    少し離れてしまいますが、道の駅国見あつかしの郷にてキズ入りのももが1箱(13個)600円で売っていました。

    2020.08.09

  • commessoさん

    浄土平まで 5時間で到着する位で考えておくと 後半焦らない。
    ブレーキ関係をしっかり整備、準備するといいかも
    下りは長い、
    オーバースピード事故がないように。
    コーヒー地点からゴールまでは、
    車が多くなるので とくに 夕方
    は気をつけないとダメ
    結論 朝 日の出とともにスタートするのがよいと思う。

    2020.08.07

  • さん

    コースは、ほぼ平地無しですので
    足は残して登ったほうが良いです。
    前半は景色は晴れていれば浄土平の絶景が望め
    後半は車通りの少ない裏道で走りやすいです。
    福島萱場梨百年碑のポイントだけ
    何もない所に案内されます。
    実際は梅津商店の隣に有るようです

    2020.08.06

  • hideさん

    地元民なので一言
    飯坂は暑くても吾妻山は寒くなる季節に入りましたよ。
    9月中旬からは手袋、防寒ウエアを念のため持っていかれてください。
    10月は寒くてブレーキがうまく握れなかったのと、寒くて震えが止まらなかったことがあります。
    8月でも雨降られすごく寒い思いをした方もいたようなので、ご注意!
    里山ではなく、標高1500mを超える山岳なので、天気の急変や火山性ガスに留意して楽しんでってください。

    2020.08.06

  • excarverさん

    浄土平だけでなく中盤の豪快なダウンヒル、後半のアップダウン連続の裏山ルートのコース引き、地元を良く知っていないと引けないと思いました。

    2020.08.03

  • HAKAさん

    さいこー

    2020.07.19

埋め込みタグ

  • ブログなどにコース情報をiframeで貼り付けるためのコードです。HTMLコードをコピー&ペーストしてください <a href="https://www.app-tour-de-nippon.jp/course/?course_id=61" class="course_widget" data-course-id="61" target="_blank">サイクルボール ふくいち 110km</a><script type="text/javascript" encoding="UTF-8" src="https://www.app-tour-de-nippon.jp/js/widget.js?course_id=61"></script>
  • サイクルボール ふくいち 110km

お気に入りに追加する